2012.11.14
庭と照明について


2011.10.03
オランダの建築雑誌記者の取材より


2011.06.25
庭屋一如


2011.04.30
希望


2011.04.27
既にそこにあったかのような風景


2011.04.02
「庭の存在」について
column
2011.04.02

「庭の存在」について
About the existence of a garden




Q 住宅における「庭」の存在をどのように考えてられますか?

A 私にとって庭というのはそれだけではなく、常に建築やまちと共にあるものだと考えております。またその2つをつなぐことができるのが庭だと思います。そのため庭という存在を主張するのではなく、建築、庭、生活といったものごとが全体として1つの風景になって立ち現れるような空間を目指し、庭とは何なのかということをいつも考えながら庭をつくっています。その上で、その場所に元々あったであろう風景、記憶としての原風景を蘇らせることで、現代に生きる私たちが今まで気づかなかったことを呼び起こしたり、新たな発見や驚きを促すような空間を生み出すことが私の仕事だと考えております。
(「I`home」 No.48 庭特集でのインタビューより抜粋)

Q How do you think about the existence of a garden?

A I think a garden should not exist by itself but always coexist with architecture and city. And also I think gardens can connect them. Therefore, I do not assert the existence of the garden, but I am building gardens aiming at architecture, gardens, and life become one scenery as a whole, always considering what a garden is. I think that it is my work to stir up what we who live in the present age did not notice until now by reviving the scenery which was probably moreover in the place from the first, and the original scenery as memory, or to produce space which is urged to new discovery and surprise.
("I`home" No.48 An extract is made from the interview by gardens special edition)
OKUの庭
京都「 OKUの庭」 2008
Kyoto "garden of "OKU"
 既にそこにあったかのような風景    <
copyright © Toshiya Ogino Landscape Design
title
home
news
principle
profile
works
column
blog
media
contact
recruite