2012.11.14
庭と照明について


2011.10.03
オランダの建築雑誌記者の取材より


2011.06.25
庭屋一如


2011.04.30
希望


2011.04.27
既にそこにあったかのような風景


2011.04.02
「庭の存在」について
column
2011.04.27

既にそこにあったかのような風景
Scenery as if it was already there




本物件は、クライアントが「Pocket Garden」という本で私の仕事を見て連絡をくれたことに始まります。オフィスをリニューアルするということで、その空間づくりに関わることになりました。心掛けたのは「原風景」をつくることです。眺めるだけでなく、自然の力や立ち現れる空気感を体感できる場をつくろうと考えました。オフィス兼プレスルーム、そしてブランドコンセプトを発信する場でもあるため、湿気や臭気などの調整と維持管理が課題でした。ここでは、無機質軽量土壌と排水・通気システムを組み合わせた工法を採用し、解決しています。また光合成には室内光だと十分ではないため、夜間に植物用人工照明を点灯し、翌朝まで照射しています。

植物は生き物ですので状態が悪くなることもあります。その時は山に戻して休ませます。作業には手間が掛かるため、クライアントや働く人の理解があってこそ成立します。この風景を体験することで得られる安らぎや心地良さから、訪れる方々にささやかな喜びを感じてもらえればと考えています。

This project has started from the time when the client contacted me after seeing my work in the book "Pocket Garden." He tried to renewal his office and have me join this project. I tried to build "original scenery." I thought that I would make the place not only to watch but to feel natural power and atmosphere. Since it was also an office and press room and a place which sends a brand concept, adjustment and maintenance management of humidity, a bad smell, etc. were subjects. Here, the construction method which combined minerals lightweight soil and drainage / aeration system is adopted and solved. Moreover, in case of indoor light, since it is not enough, the artificial illumination for plants is turned on for photosynthesis at night, and it is irradiated till the next morning.

Because plants are living, their state may worsen. Then we let them return to a mountain and makes it rest. Since work takes time and effort, it is materialized just by there being an understanding of a client and workers. I hope people who visits here can feel a little delight through peacefulness and comfort from the experience of this scenery.
sisii
兵庫県「Sisiiの庭」 2010
Hyogo "garden of Sisii press room"
        希望    <    >    「庭の存在について」
copyright © Toshiya Ogino Landscape Design
title
home
news
principle
profile
works
column
blog
media
contact
recruite