2012.11.14
庭と照明について


2011.10.03
オランダの建築雑誌記者の取材より


2011.06.25
庭屋一如


2011.04.30
希望


2011.04.27
既にそこにあったかのような風景


2011.04.02
「庭の存在」について
column
2011.04.30

希望
hope




庭をつくるという行為は、未来を確信するということにつながっていると常々思っています。植物を育てること自体が未来を創造することに他ならないからです。今は社会全体が行き場のない閉塞感で満たされているようにも思えますが、「希望」をもって、明るい日本の「未来」を確信して、コツコツと自分に与えられた仕事を全うする。造園家の私は、そんな気持ちで毎日を過ごしています。「こころの庭」は希望にあふれたものがいいと思います。

私の尊敬する作庭家の武部正俊さんも推薦の図書で「庭の小道から」(スーザン・ヒル文/アンジェラ・パレット絵/新倉せいこ訳/西村書店)があります。大好きな文章を下記に引用いたしました。

I always think that the act of building the garden leads to being sure of the future. Because cultivating plants itself creates the future. Although the society as a whole seems to be filled with the closed feeling, I pass every day thinking that I have to be sure of the "future" of bright Japan, and fulfill the work assigned to me little by little. I think that "the garden of the heart" should be full of hope.

There is the book " Through the Garden Gate " (sentence: Susan Hill/ picture: Angela Palette/ translete: Seiko Niikura/ bookstore Nishimura). Mr. Masatoshi Takebe, a garden designer whom I respect recommends this book. I quoted the favorite text below.
庭の小道から
『庭の小道から』
文/スーザン・ヒル
絵/アンジェラ・バレット
訳/新倉せいこ
西村書店

Through the Garden Gate"
sentence/ the Susan Hill
picture/ Angela palette
translete/ Seiko Niikura
bookstore Nishimura
「庭づくりをする人たち」

人間の行動のなかで、子どもを産むことは別として、庭づくりがいちばん楽天的で、希望にあふれたものです。庭づくりをする人は計画的で、少し先のことでもずっと先のことでも、将来を信じ確信している人なのです。インゲン、エンドウマメ、リンゴ、プラム、バラ、ボタンいろいろな植物の種を蒔いたり、植えつけたり、接ぎ木をしたり、ふやしたりするのは、将来に対して積極的な賭けをするということです。これからまだ何週間も、何か月も、何年もあるのだと宣言するようなものです。50年や100年以上もかかる苗木を植える人にいたっては、楽天的なばかりか、次の世代にとっての恩人でもあります。 いつも戦争のことを考え、それを予想してこわがっている人、人類と地球の終末を思う人、魂がしぼみ、時代の困難や脅威に打ちひしがれている人、希望も慰めもないと思い、新しい夜明けのかすかな光も見ようとしない人。そんな人には、庭づくりをおすすめします。庭づくりをすると、勇敢で大胆に、やさしくて冷酷に、きちょうめんででたらめに、おだやかで忍耐強くなることを、順ぐりに覚えていきます。何よりも今日という日を満喫し、明日に希望を持つことを覚えるのです。

"The Gardener"

OF ALL human activities, apart from the procreation of the children, gardening is the most optimistic and hopeful. The gardeneris by definition one who plans for and believes and trusts in a future, whether in the short or the longer term. To sow seeds and plant out, to graft and propagate, whether it be peas and beans, apples and plums, roses and peonies, is to make one's own positive stake in that future, a gesture, declaring that there will be weeks, months, years ahead. And he who plants sapling trees, which will not arrive at their full maturity for fifty or a hundred years, is not only an optimist but a benefactor to coming generations.Those who constantly think of war and dread its prospect, who see an end to mankind and his planet, whose spirits are shrivelled and hearts bowed down by the troubles and threats of the age, who refuse to have any hope, take any confort, see the glimmer of any new dawn, should be gardeners. The gardener learns to be by turns daring and adventurous, tender and ruthless, meticulous and haphazard, gentle and patient. But above all, he learns to revel in today. while being ever hopeful of tomorrow.
         庭屋一如    <    >    既にそこにあったかのような風景
copyright © Toshiya Ogino Landscape Design
title
home
news
principle
profile
works
column
blog
media
contact
recruite