2012.11.14
庭と照明について


2011.10.03
オランダの建築雑誌記者の取材より


2011.06.25
庭屋一如


2011.04.30
希望


2011.04.27
既にそこにあったかのような風景


2011.04.02
「庭の存在」について
column
2011.10.03

オランダの建築雑誌記者の取材より
Coverage by the architectural magazine journalist of the Netherlands




以下、オランダの建築雑誌記者からの、尾道の物件「森のすみか」(英名:NEST)/設計:前田圭介/UIDに関する質問に対する返答を記載します。もともと英語での応答でしたが日本語に翻訳しました。私にとって建築と庭の関係についての考えを述べました。

Q 日本では、造園設計家と協力するのが、若い建築家の中の新しい傾向であるように思えます。建築家は、造園設計家から彼らのデザインに何を貢献させることを期待しますか?

A 建築は既存の環境の中に新しく建てられることで元々の風景を壊しかねません。そこで、建築家は建築がその場所になじんだように見せるようにしてほしいと造園設計者に期待します。建築の空間がその場所にある環境に融合するように、また風景の一部として周囲に溶け込みながらその地に身を降ろすように、と建築を土に還すことを求められます。建築にやさしく寄り添うような造園が私のコンセプトであり、それを期待して建築家も私に造園を依頼します。

the answer to the question about "NEST" (architecture design:UID) in Onomichi from the architectural magazine journalist of the Netherlands is below. Although it was a response in English at first, We translated into Japanese. I mentioned the idea about the relation between architecture and garden.

Q In Japan, it seems to be a new trend among young architects to collaborate with a landscape designer. What do architects expect from a landscape designer to contribute to their design?

A Construction might destroy original scenery by being newly built in an existing environment. Then, the architect expects the landscape designer to want you to show it as architecture become familiar with the place.Landscape designers are often required to make architecture fit to the ground on which stands, in order to unite architecture with environment, and the body is unloaded on the ground as architecture merging in surroundings partially of scenery. Landscape to draw close to architecture gently is my concept, and the architect also requests landscape from me expecting it.
森のすみか
Q デザイン過程のどんな段階に、前田さんはこのコラボレーションのためにあなたにアプローチしましたか? あなたは全体の概念を一緒にそもそも最初からつくりましたか、あなたは、後期段階に前田さんのデザインを詳しく理解して、高めましたか?

A 前田さんは私とこのプロジェクト以前に2度コラボレーションしたことがあります。今回も設計ができた段階でこの建築に適した造園ができる人として私を選んでくれました。全体の設計は前田さんが行いましたが、後期の植栽の計画に関しては打ち合わせを重ね、どのような高さ、種類の植物を植えるかは私の意見が主となり最初の設計の段階から変更した部分があります。その他ランドスケープデザインも私が行いました。

Q 前田さんが思いついた主な住宅の概念は何ですか、そして、彼はあなたからデザインに何を加えることを期待しましたか?

A 前田さんはこの住宅で建築そのものが庭になるような、住む人にとっての快適な場所を見つける自由が得られる環境をつくろうとしました。蟻の巣のような、建築でもあり環境でもあるようなものです。彼はこの環境がより自然に見えるように植栽などで演出するように期待しました。

Q In what phase of the design process did Keisuke Maeda approach you for this collaboration? Did you develop the entire concept together from the very beginning, or did you elaborate and enhance Maeda-san's design in a later stage?

A Keisuke Maeda has done the collaboration twice before this project withe me. I was chosen as a person who was able to do landscape gardening that is appropriate for this architecture at the phase design was finished. Most of this project was designed by Maeda, in a later stage, we did meeting about planting design some time. There is a part where my opinion changed to plant what height and the kind of plant from the stage of the first design in the main vicinity. And also I did other landscape design.

Q What is the main housing concept Maeda-san came up with and what did he expect from you to add to the design?

A Keisuke Maeda tried to make the environment to obtain freedom that found a comfortable place for the person who lives.I thought he would like to make architecture as garden. It is like ant's nest. He expected production by planting etc. as this environment looked more natural.
森のすみか
Q 詳細にこのプロジェクトへの貢献について説明してください。あなたの風景についての概念とは何ですか?

A 建築は風景の一部です。私はランドスケープでこの建築に新しいデザインを付け加えたというよりも、この場所に新しく付け加えられた建築からその新しさを削ぎ落としてその地になじむようにしたいと思っています。あえて言うならば、この建築の内部と外部を通り抜けるような、自由な空気感のようなものを加えたと思っています。植物がその地に流れる風の通り道を指し示すように、建築に躍動感を与えるように、デザインしています。建築家には想像しにくい音やにおいも私にとってはデザインの対象です。NESTでは、地下通路部分にクリーピングタイムという、涼しい香りがするグランドカバーを使っています。風景は人間がつくるものではなく、もともとその土地にあるものであり、その一部として小さな建築もランドスケープも共存するべきだと思っております。

Q Please explain in detail your contribution to this project. What is your landscape concept?

A Architecture is a part of scenery. I want to have it reduce, drop newness of that from the architecture newly added to this place rather than adding a new design to this architecture by the landscape, and become familiar with the ground. When daring to say,I added like air or atomosphere that passes the inside and outside of this house. I designed landscape that plants show the passage which wind goes through and make architecture look like dance silently. Sound and smell are not imagined easily for architects. In NEST, the grand cover "creeping thyme" is used at the part of underground passage to put out a cool flavor. I think that scenery is not what man makes it but exists originally in the land, and small architecture and the landscape should coexist as the part.
森のすみか
Q どんな風に、NESTは風景の中の埋め込まれている日本の例外的な例ですか?

A NESTは建築の中に庭があることが特徴的だと思います。それも、地下から風が入り込み、庭を通って天井に開けられた穴を通り抜けることで植物にとっても内部でありながら苦しくない環境であると同時に、中で暮らす人間にとっても快適な環境であることがこの建築のすばらしいところです。今まで庭は建築の外部にあるという印象が強かったですが、このプロジェクトは建築の内部にまで植栽が入り込んで来ていることに、より環境に近い風景を実感できます。

Q あなたがよく使う、建築と庭の間をやさしくつなぐランドスケープのツール(材料、仕上げ)は何ですか?

A 苔や下草などのグランドカバーは建築を土とつなぐための重要な材料です。近頃はアスファルト舗装などで本物の地面を見ることもすくなくなりましたが、グランドカバーによってその場所に土があることを認識させてくれます。今回用いたクリーピングタイムも、香りが出ることで庭で暮らしている生活を実感できるようにするため、よく使います。

Q In what way is NEST an exceptional example in Japan of embedding architecture in the landscape?

A I think that the feature of NEST is to have the garden in the house. It is great that the environment is not painful for plants though it is inside, because wind goes from the underground passage to the hole made for the ceiling through the garden, and also it is pleasant surroundings for people who live. They can actually feel the scenery like environment so much because plants get into this house friendly.

Q  What are the landscape-tools (materials, finishing) you used to establish a gently connection between architecture and the garden?

A Grand covers such as the moss and undergrowth are important materials for architecture to fit to the ground. Recently, it was lost to see genuine ground in the asphalt paving, but when we see the ground cover, we can recognize that there is a ground and we can be relieved. I often use the creeping thyme which is used this time, so that we actually feel alive when we smell the flavor in the garden.
森のすみか
Q あなたの意見では、何がNESTを住んでいる居心地の良い場所にしますか?

A 涼しい風や植物の爽やかな香り、雨の音、四季の移ろいで変わる葉の色までも人間は感じ取ることができます。それはとても幸せなことです。そのことに気づかせることが庭の役割だと思っています。建築が人間を雨風や自然の脅威から守り、その自然の一部を五感で体験できる庭が理想だと思っています。NESTはそのことを再現した新しい環境づくりの1つです。建築と庭の境界が消えながら両者が共存している状態こそが居心地のいい場所の代表例です。

荻野 寿也

Q In your opinion, what makes NEST a comfortable place to live in?

A Human can feel the cool breeze, fresh flavor of plants, sounds of raindrops, colour of leaf that changes at the four seasons. It is very happy. I think that it is a role of the garden to notice that. Architecture defends people from the natural threat of wind and rain, and the garden where a part of the nature can be experienced in senses is an ideal. NEST is one of the new creating environments that reproduce that. It is an example of the representative of the place where only the state to which both are coexistent as the boundary of architecture and the garden disappears is comfortable.

Toshiya Ogino

■広島県「森のすみか」2010 建築設計:前田圭介/UID
■Hiroshima "NEST" 2010 architecture design: UID
        庭と照明について    <    >    庭屋一如
copyright © Toshiya Ogino Landscape Design
title
home
news
principle
profile
works
column
blog
media
contact
recruite