works
高の原の庭

2006
京都府
建築設計:田頭健司建築研究所

シンプルな外見とは裏腹に、元々の段差のある土地を活かしたダイナミックな断面構成を持つ中庭がある住宅。階段やトップライトのルーバーなど、屋外でありながらも家具のような建築の部分と高く伸びる植栽が中庭に入り込み、絶妙な半屋外空間を生み出しています。

正面には、ミニマルな表情を持つこの建築に添えるようにして、アオダモ、カエデなどを用いて軽みを感じさせるような植栽をしました。中庭にはぴったりの樹種として、強い日差しを嫌うイロハモミジを植えました。おおらかな枝振りと優しい葉の表情が白壁の空間によく映えます。施主様がとても植物を好きなので、私は骨格だけをつくり、あとは手の入れやすいような庭にしています。

【受賞】
・Residential Lighting Awards 2006 Home Archi 賞
Peanuts
1
2
3
4
5
6
    


↑works
copyright © Toshiya Ogino Landscape Design
title
home
news
principle
profile
works
column
blog
media
contact
recruite